イギリスの風
香港人のテレビっ子・チーたろうと、ちびすけとともに、のんびりイギリスで暮らしているへんじゃの日記です。


プロフィール


へんじゃ

Author:へんじゃ
★ブログに時々登場する「チーママ」は義母、「チーパパ」は義父、「チー妹」は、チーたろうの妹のことです。

★コメントは承認制になっています。表示やお返事が遅くなることがあります・・・すみません。)

★内容の無断転載、また内容と関係のないコメントの書き込みはご遠慮ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ村に参加中です。よかったらこっちも押してみてください。
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村



FC2カウンター




金魚




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事




最近のコメント




カテゴリー




フォトアルバム




リンク



このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧




最近のトラックバック




RSSフィード




--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2008.01.15  小さな春? <<17:28


最近少し暖かくなって、庭の水仙やブルーベルが芽を出し始めました。風も少し暖かくなり、いろんな木々のつぼみも膨らんできて、なんとなく春を感じてしまいます。なんとなく、中国の凍りついた街を溶かす暖かい風を思い出して・・

そんなことを考えながら庭を散歩していたら、隣のうちとの境に生えているハシバミの花がさいていました! 暖冬だった去年もこのころ咲いて、異常気象かと思っていたんですが、今年もこの季節ということはやはりこの時期咲く花なんでしょうね。きれいな花ではないですが、こんな季節に咲く花もあるんだなと嬉しくなりました。

春です・・・!?
スポンサーサイト


No.3 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.01.16  髪はなが~いお友達  <<07:56




新年の抱負の1つに、「髪にやさしく」があります。あまり髪型を気にしないので、いつも伸び放題、結びっぱなしで、学期末になると髪が痛んで枝毛だらけになって美容師さんにおこられるのですが、今年は少し気をつけてみようと思っています。

気をつけてみようと思ったきっかけは、年明けに読んだ新聞にあった、抗癌治療で髪を失った子どもたちに髪の毛を寄付した親子の体験談(カツラにするみたい)。お金を寄付するのはよくあるし、私の周りの日本人は時々チャリティーマラソンなんかをしてていますが、髪の毛を寄付するっていうのは新鮮で、やってみようと思ったらマラソンより気軽にできるのでは、と思ったのです。それに、いつか寄付するために大切にしていると思えば、なんとなく惜しみなく髪の手入れにお金を費やせるような気がして・・・

そんなわけで、本当に寄付するかはわかりませんが、今年は年明けから髪をいたわっています。癖毛なので、手入れしてもあまり成果は出ないし、縮れ毛の混じった私の髪の毛が果たして役に立つのかもわかりませんが、寄付のため最低限必要な10インチまで・・・いや、10インチとは言わず、この際思い切って限界まで伸ばしてみようかとも思っています。

たまたまおなじ時期に読んだ日本の雑誌によると、欧米人の髪は腰まで伸ばせる人は少ないのだそう。日本人は欧米人より長く伸ばせるそうですが、私の髪の毛はどのくらいまで伸びるでしょう? 伸びる前に飽きてきってしまうかもしれませんが、お楽しみに!


No.5 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.03.14  最後の授業 <<04:53


今学期の授業が全部終了しました!
去年までは受け身をたった2時間で教えて即試験というなかなか素敵なスケジュールだったのですが、今年は最後の大仕事を来学期に回してもらったので、お願いして1回授業を増やしてもらって、ゆっくり教えられました。去年までは時間ぎりぎりまでハイスピードで教えて、あわただしく終わっていたのですが、ちょっと余裕を持って最後の授業ができて、最後にみんなと少し話をする時間も取れたので、満足です。無料奉仕だけど・・・

昨日、最後の授業の最後に学生たちに最後のあいさつでなんというか、いろいろ考えました。結局、大したことは言わなかったんですが、その時ふと思い出したのが、日本語スピーチコンテストで審査員の先生が最後にした挨拶の中の言葉。正確には覚えていませんが、「日本語を勉強し始めた時のドキドキした気持ちを大切に、これからも日本語の勉強を頑張ってください。」というような言葉でした。それを聞いたとき、ほんとうだなぁ、考えてみれば私、英語の勉強を始めた時のドキドキなんて、すっかり忘れているなぁ、って思って、心に響きました。ふと気がつくと下手な英語で無理やり押しとおしている私がいます。これから時間がたっぷりあるし、久しぶりに、英語の勉強を始めた時のドキドキを思い出して、錆びついた英語に磨きをかけなくてはと思っています。

そうそう、審査員が言ったこの言葉、はじめはこれを引用して、最後の挨拶をしようかなって思っていたのですが、使いませんでした。理由は、考えてみると学生たちは言われなくてもまだまだドキドキしながら勉強しているから…! 私がやれることは全部やったので、あとは無事、最後の試験がうまくいってくれればいいのですが。

さあ、遊ぶぞー!




No.15 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.06  散歩とジョギング <<06:53


garden 022
週末は、イギリスも連休でした。我が家はいとこのうちでBBQした以外はのんびりすごしました。
今日は朝近くの村まで散歩したあと、家の模様替えをしました。

今イギリスはどこもかしこも花尽くしで、散歩もなかなか楽しいです。今はライラックがきれいな花を咲かせています。タンポポもきれいです。連休はガーデニングをしてすごす人も多いのか、庭仕事をしている人をたくさん見かけました。天気はいいし、ひなたにいるとけっこう暑くて(木曜日には25度まで上がるとか)、ほんとに気持ちのいい季節になってきました。

今日はちょっと遠出して隣村へ行ってきたのですが、だんだん長距離を歩くのになれてきたら、少しずつジョギングに変えてみようかなと思っています。こないだあった60代の同郷の女性に週に数回10キロジョギングしていると聞いて、軽く10キロ走れるようになったら近所の町や村までジョギングで簡単にいけるようになるんじゃないかとそう思ったんです。そしていつかは彼女のように、ロンドンマラソンで走ってみたいなとも思っています。私がこんな野望を持っているとは露知らず、ちーたろうは今日もまたしぶしぶ散歩に付き合ってくれました。

ちなみに今日行った村までは3.4km。自転車があれば楽々ですよね。よく行くスーパーへ向かう道の途中にある村なんですが、別に用事もないし駐車台もかかるので、今まで行ったことはありませんでした。わが町と違ってちょっと高級感と田舎臭さがが漂う村なんですが、大通りに並ぶお店からもわが町とは別世界でした。メインストリートに並ぶお店の多くははレストランか高級家具のお店たち。時々ブティック。いつかこういう家具が似合うおうちにすんでみたいなーと思いながらウインドーショッピングを楽しみました。

途中の家の庭々をのぞき、ぶらぶらしながらの散歩だったので結局往復2時間かかりました。
暑いしちょっと疲れました。
ジョギングに切り替えるまでにはまだ時間がかかりそうです。
当分ウォーキングで楽しむことにします。


No.33 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.06.11  通信手段と折り紙地獄 <<18:10


中国にいたころ(また中国のことですみません)、先輩がよく口癖で、

「電話にポケベル(当時はポケベルだった)、ファックスにEメール、手紙をひたすら待つ時代より便利になったって言うけどさー、ますます不便で忙しくなったような気がしない!?!? こないだ2日家をあけて帰ったら、ファックスで書類が送られていて、パソコンを開くと確認のeメールが来ていて、さらに確認の留守電まで入ってたんだよね・・・。」

なんて言っていましたが、時々通信手段が増えて、ほんとに便利になったのか謎だなって思うことがあります。最近、いろんな人に連絡することが多いんですが、この間は、「連絡はスカイプ(パソコンをつかった通信サービス)でしたいからパソコンつけっぱなしにしといて。スカイプだとただだし」なんていわれてずいぶん苦労しました。スカイプは、相手がパソコンを開いているときでないと使えないパソコン電話のようなもの。電話だったら携帯にでもいつでも連絡できるけれど、スカイプは、お互いにパソコンをセットして、マイクをセットしておかなければなりません!! 電話みたいに、別の部屋にいても呼び出し音で気づく、というわけにもいきません!(一応呼び出し音はあるけど) 1日中パソコンの前でスタンバイしろというわけにもいかないし、お互いの家にいられる時間も会わなかったし、結局丁寧にお断りして電話番号を教えてもらったのですが(やり取り中頼み続けてやっともらえた)、やり取りがすべてEメール・・・。やっと電話番号を教えてもらって電話するまでに1週間メールのやり取りがありました。

結局連絡したかったことは電話での会話10分で終了。Eメールでは書いて、送って、返事してと手間がかかるので、やっぱり電話が一番ですよね・・・ スカイプはいくらただだとはいえ、こちらから電話するのだから相手にはお金はかからないはずだし、しかもロンドン市内だし、この10分の連絡のためのこの膨大な労力は何だったんだろうとつくづく思いました。

と思っていたら、「金曜日訪問する中学校での授業について、急に授業できなくなったのでメインで教えてもらいたくて3日前メールしたのですが、届いたでしょうか」とお電話がありました。そんなメール届いていないし、と思ったら、オフィシャルに伝えてあるのとは別の、ジャンクメール用にしか使っていない私のメルアドにわざわざにメールを送って下ったようで(一体どうやって見つけたんだろう??)、そのメルアドに、

「昨日送ったメール届いたでしょうか?」
「届いていないようなのでもういちど送信します」
「(ひょっとして文字化けして読めなかったかもしれないので英語でメールしました)」
「ひょっとして、へんじゃさんじゃない人に送っていたらすみません」

系のメールがたくさん入っていました。

学校訪問は今週の金曜日です。準備も大変です。しかも、授業は折り紙だそうです。折り紙はサブで指導したことがあるくらいで、今回もサブで教えるつもりだったので何の準備もしてません。しかも相手は一番お取り扱いの難しいティーンエイジャーたちで、「英語」で折り紙指導です。

最初から電話で連絡してほしかった・・・
でも、電話してくれただけよかったです。携帯も、家の電話番号も教えてあるのに、急ぎの用なのに、メール連絡だけでぎりぎりになっても電話の1つもくれないケースもあったので・・・

中国にいたとき、朝鮮族の学生たちはよくわざわざうちまで質問を聞きにやってきていたんですが、彼らに
「わざわざうちまで来なくても、電話してくれればよかったのに(特に朝早く突然来るのはやめてね)」
と話したら、彼らはいつも
「便利な時代になったけれど、朝鮮族の私たちは大切なことは絶対電話や手紙では話しません。不便でも直接会って、面と向かってお話しするのが、朝鮮族の礼儀なんです。(夜だと飲みに行ってるでしょ。電話してもいないし)」
と言ってました。わたしもしょっちゅう礼儀を忘れてしまうことがあるけれど、やっぱり、大切なことや急ぎのお願いは、連絡手段も気をつけなくてはならないですよね。電話にメールにファックスに手紙、相手にとって1番いい方法と1番便利な連絡方法を考えて・・・と、選ぶ手間かかるようになった気がします。

さて、これから折り紙と英語の特訓です。学校からは、折り紙で雛人形を作ってほしいと指定が入っています。ひな祭りの英語の説明はネットで探して、「Follow me」「Copy me」と「Like this」の連発で乗り越えるとしても、雛人形の折りかた知らないし。折り紙は彼女がすべて持っています。これからロンドンまで取りに行かなければならないのでしょうか・・・(泣)

がんばります・・・でもここまで書いたら疲れた・・・


写真はアマリリス。オランダから買って帰った球根が、やっと花開きました。でかいです! PS2が小さく見えます。
garden 029


No.48 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。